opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

天国にぶっ放せ!+『捉え方次第』(再)

来年3月の話題です。

是非成功させて欲しいと思いましたのでメモしておきます。


(2010年08月07日 花火大会にて〜NIKON D80)

『3.10 花火、思い込め打ち上げ 震災前の日常復活願う』
河北新報 2011年12月07日水曜日

東日本大震災津波被災した宮城県内の家屋や農地の片付けをしてきた
支援グループ「スコップ団」が、震災で夫を失った女性の思いを形にしようと、
来年3月10日に仙台市泉区の泉ケ岳スキー場で花火を打ち上げる。題して「天国にぶっ放せ!」。

2万発の打ち上げを目標に、資金の協力を呼び掛けている。

きっかけは団長の平了さん(33)=仙台市青葉区=が4月ごろ、仙台市内の避難所で女性と出会ったこと。
震災当日、女性は夫とけんかし、仲直りできないまま夫は津波の犠牲になったという。
「元気に生きていると、夫に伝えたい」という女性の思いを何らかの方法でかなえられないかと考え、
花火の打ち上げを企画した。「震災前日の3月10日は心から感謝すべき日だった」と平さん。
それぞれが「日常」を送っていた震災前日が今後ずっと続くようにとの願いを込め、
この日を打ち上げに選んだ。

スコップ団の活動にはこれまで宮城県内外の延べ約1500人が参加。
200件以上の要請を受け、同県沿岸部で家や畑をきれいにしてきた。

ただ、仕事を抱えながら活動する団員がほとんどで、打ち上げを機に活動を休止する予定だ。

「供養のお供えとして、雲がかかっていても亡くなった人が見られるぐらい花火を打ち上げたい」と平さんは話す。

支援金の振込先はスコップ団のホームページで確認できる。
メールの連絡先はスコップ団事務局 schop-dan_2011@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーー

また、資金の協力も呼びかけておりますので、余裕のある方は是非お願い致します。


この記事を読んで、「震災前日、何をしていたかな?」と考えました。
以前、OPUESTO WEB内で書いていたブログをチェックしてみました。

こんな事を書いていました。



『捉え方次第』

(あるタレントさんのブログから)

親友と呼べる人の結婚が決まり、その式で使えそうな選曲を!と、お願いされ、
あれこれCDをあさり、、、そんな作業の休憩中です。

連日コアな話が続いていたので、こんな写真で少しブレイクです。

と思いつつ、やはり既存メディア、報道のあり方についてつくづく考えさせられます。

少し前に、INOMATA氏から原発問題に関して「何故、報道されないのですかね?」と言われた事があります。
それは島根原発に関してだったと思いますが、
今日、さらに問題になっている山口県の上関原発の事を知り驚きました。

共に、中国電力(諸悪の根源はここかなと)によるものですが、関東では全く報道されていません。
※興味のある方は、上記のキーワード「島根原発」「上関原発」などをYou tubeで検索してみて下さい。

去年の4月『松江市の島根原発1、2号機で発覚した点検漏れ問題で、中国電力の緊急対策本部で
原因調査に当たっていた同社電源事業本部の男性部長が、13日午前、松江市のホテル駐車場で
倒れているのが見つかり、死亡していたことが15日、松江署などへの取材で分かった。
部長がホテルの部屋から飛び降り自殺を図ったとみて調べている 』と、きな臭い事まで起こっていたそうです。

国が推し進めている事業の一つでもある原発ですが、報道されない原因はスポンサーの兼ね合いも考えられます。
しかし民放のアナウンサーが上関原発の問題を知らないというは、情報を牛耳っている大本が、
その時点で情報を制限し平等に下に流していない事の表れでしょうね。

何かと問題の原発を増設していく事は、本来その地域の消費電力と比例した関係にあるべきなのですが、
特に上関原発に関しては、この点なども含め住民サイドから疑問の声があがり、抗議行動まで発展しています。

消費電力に関してほぼ知られていないのは、他の先進国に比べ日本国内には約500万台という
異常な数の飲料水などの『自動販売機』があり、その消費電力に大きな問題が隠されています。
比較対象として、電力会社などが公表している一般家庭の一ヶ月の電力使用量は、約300kWhです。
もちろん、地域、季節によって異なり近年の省エネ家電などで多少前後すると思いますが、
自動販売機一機の消費電力と、ほぼ同量という点です。
※自動販売機の消費電力に関しては、『電気設備の知識と技術』を参考にしています。

驚いたのは、500万台=500万世帯と考えて、どのくらいの規模に相当するのか調べてみました。
その結果、2011年2月1日現在の東京23区の世帯数が約445万世帯でしたので、
全国にある自動販売機の消費電力の方が上回っている計算になります。

しかもその中には、「売れなくても広告になる!」と公言している赤に白文字で有名な清涼飲料水会社があり
「もっと自販機を増やせ!」と言っているそうです(苦笑)。

実際に、私が住む街の小さな駅構内にも、6機ほど無意味にありますし、近所にもその手の物は沢山あります。
設置する事により”あれこれ”あるのも知っていますが。。。
もちろん近所にはコンビニが24時間営業していますので、少しでも安値なそちらで買っているでしょう。

以前、この話を旧友のmoochyと話をしましたが、無駄な自動販売機を減らせば、原発問題は解決するのでは?と。
仮説ですが、この清涼飲料水会社と電力会社、政治家の癒着があるとしたら、そこでマネーロンダリング
行われていると言う説も完全に否定は出来ないです。

改めて、自動販売機一つに目を向けてみるだけでも、不思議な事は沢山あります。


本当にテレビや新聞しか見ない年代の方、この手の話題に全く興味の無い方々、
そんな人達が情報操作されてしまう世の中なのでしょうね〜。


唐突ですが、、、〜このブログを読んでいる方々へ〜。

〜完全にバックを持たず、インディペンデントなopuestoは、この手の若干難しく
感じる問題などをきちんと調べ、このブログで発表していきます。少しでも多く
の人達に知ってもらい、自身で考えてあらゆる手法を使って発信し、行動してい
って欲しいと願っています。

まさに『LOUD MINORITY〜ラウド・マイノリティー』です。

今、個々の動き、発信、発言がとても重要になって来ている時代だと思いますの
で、宜しくお願い致します!〜


また、、結局、あんな可愛い写真を使っておきつつ、真面目な話になってしまいましたが(苦笑)。

この写真は、まるで小猫が両手をついて頭を下げているようにも見えますが、
それは、不思議と何かをお願いしているようにも見え、逆に陳謝しているようにも見えます。
原発問題に関しても、地域ごとによって賛否は当然あります。その問題同様、何事も捉え方次第なのかなと。
それらを表しているかのような、深い写真だなと思い、勝手に使わせてもらいました。

人間はもちろん、自然や動物を守る為にも原発問題は避けられないですよね。

もう少し勉強し調べてから、また、とやかく書きます。

(2011/03/10更新)
ーーーーーーー

まだ、平和でしたが、原発問題に関して書いていました。

皮肉なものです。

広告を非表示にする