opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

信用出来ないスギ花粉の話

心配されていた、花粉の話です。

少し悩んだのですが、メモしておきます。

セシウムスギ花粉移行1/10 来春の飛散「心配なし」』
東京新聞 2011年11月28日 朝刊

首都大学東京大学院(放射線安全管理学専攻)の福士政広教授(55)が
今月、東京都内のスギを調べたところ、福島第一原発事故で、
葉に付着した放射性セシウムが花粉に移る割合は十分の一程度だった。

来春、花粉が舞っても、健康被害の心配はないという。

スギの葉に付着した放射性セシウムは、一部が木の内部に入り、内部を伝って新葉や花に移る。
花粉の中にも放射性セシウムは含まれることになる。

福士教授は今月三日、奥多摩町の山林で、スギ花粉約四十ミリグラムを採取して分析。
古い葉に付いた放射性セシウムは一キログラム当たり九三六ベクレルだったが、
花粉は九四ベクレルだった。

この花粉が空気中に飛散し、人が外にいて一時間花粉を吸い込んでも、
内部被ばく線量は〇・〇〇〇〇〇一マイクロシーベルト未満。

計算上、福島第一原発に近い福島県川俣町で六月、同一七万七六〇〇ベクレル
葉から検出されたスギの花粉でも、一時間当たりの内部被ばく量は
約〇・〇〇〇〇一三マイクロシーベルトにとどまるという。

福士教授は「新たな飛散がなければ、花粉の放射性セシウムの濃度は年々低くなるだろう」と
推測している。
ーーーーーーー

との事ですが、、、この福士政広教授、御用学者さん、、ん〜、信用出来ないのですよね。。。

以前、「100mSV以下なら問題ない、全ての科学者の合意事項である。」
さらに「プールも気にする事はない、雨に濡れても大丈夫。」などと、呆れる発言を繰り返していた人です。

ですので、マスクは必須です!!

広告を非表示にする