opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

地元に慎重論と歓迎の声

もんじゅの続きです。

メモしておきます。

『<もんじゅ廃炉検討>地元に慎重論と歓迎の声』
毎日新聞 11月27日(日)1時10分配信

写真で見る】ナトリウム漏れなどの事故やエネルギー政策に揺れる高速増殖原型炉「もんじゅ

高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、「一つの曲がり角に来ている」などとして、
廃炉検討の意向を示した細野豪志原発事故担当相の発言に26日、地元関係者からは慎重論や
歓迎の声などさまざまな反応があった。

政府の行政刷新会議による20日の提言型政策仕分けでも「存続の是非を含め、計画を抜本的に
見直すべきだ」と指摘されており、地元の行政関係者らは事故担当相発言にも驚く様子はなかった。

河瀬一治・敦賀市長は26日、「継続、廃止など、もんじゅにはたくさんの選択肢があるということだろう。
もんじゅの今後についてはエネルギー政策全体を考えて冷静な議論をしてほしい」
と注文をつけた。
同市原子力安全対策課の担当者は「国は原子力政策の見直し作業をしているが、
もんじゅ核燃料サイクルの根幹だ。しっかり検討してほしい」と話した。

西川一誠・福井県知事も10月、もんじゅを視察した奥村展三文科相に対し
核燃料サイクルはこれまで国のエネルギー政策の根幹にあった。真剣かつ総合的に考えてもらわないと、
日本の将来にさまざまな影響をもたらす」とけん制していた。

一方、同県の市民団体「サヨナラ原発福井ネットワーク」の山崎隆敏代表(62)は
もんじゅを止めることになれば、核燃料サイクルの破綻が明確になり、国は結論を出しにくいかもしれない。
しかし、脱原発は早急に進めるべきで、早期に廃炉の結論を出すべきだ」
と話した。

もんじゅに反対してきた「原子力発電に反対する福井県民会議」の小木曽美和子事務局長(75)は
「福島第1原発事故があり、原発に対する厳しい世論の中では当然の発言。どれだけしっかりと
議論されるかが重要」
と指摘した。

広告を非表示にする