opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

乳児用食品 新基準値に!

大切な記事を見落としていました。

『食品中の放射性物質の新基準値 「乳児用食品」を新設へ 子供の被曝に配慮』
産経新聞 11月20日(日)18時32分配信

食品に含まれる放射性物質の暫定基準値に代わる新たな基準値作りを進めている
厚生労働省は、暫定基準値で5分類だった食品の分類を、新基準値では4分類とし、
このうちの1つは、粉ミルクなどの「乳児用食品」とする方針を固めた。

「野菜類」「穀類」「肉・卵・魚・その他」としていた分類は「一般食品」で一本化、
「牛乳・乳製品」は牛乳を独立させ、「飲料水」は現行のまま残す。

いずれも24日に行われる厚労省の薬事・食品衛生審議会で提案される。

新分類の見直しにあたっては当初、暫定基準値より細かく分けることも検討。

しかし、国民へのわかりやすさや、食生活の偏りを考えなくてもいいこと、
海外の基準でも食品群を細かく分けていないことなどから「野菜類」「穀類」
「肉・卵・魚・その他」の一本化案が浮上した。

 一方、粉ミルクなど乳児しか摂取しない食品を「乳児用食品」として別基準を設け、
子供の摂取量が多い牛乳も独立させるなど、被(ひ)曝(ばく)による影響を受けやすい子供に配慮。

今後検討が進められる具体的な基準値の数値も、より厳しい値を設定する。
「一般食品」も、食べ盛りの子供は日本人の平均摂取量より多く摂取することを念頭に、
数値設定していくという。

乾燥で濃縮され、高い数値の放射性セシウムが検出される乾燥食品は、
飲食する状態に戻したうえ「飲料水」や「一般食品」として判断する方向で検討を続けている。
ーーーーーーー

やっっっと、、と言った方が良いのでしょうか?

子供と大人を一緒の基準に考えるのは理解出来ません。

まだまだ訴え続けていく必要があります。

広告を非表示にする