opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

鉛の箱

11月3日にブログに更新しました、『がれきビジネス開始』では、
主に『東京臨海リサイクルパワー(株)』について触れましたが、もう1つ気になっていた事がありました。

それは、NHKのニュース映像にもハッキリ写っていました、鉛の箱です。


(柳ヶ瀬都議の撮影した写真。鉛の箱です。)

その時の記事です。

宮古市から運び出されたがれきを積んだ貨物列車は、2日夜、盛岡市を出発し、
3日午前7時すぎに東京・品川区の貨物ターミナル駅に到着しました。
コンテナ に入ったがれきは近くの処理業者の施設に運ばれ、業者が木くずやガラスなどを
燃えるものと燃えないものとに分別したり、細かく砕いたりしていました。
また、がれきを鉛の箱の中に入れた状態で放射線量の測定が行われ、
東京都が決めた目安の1時間当たり0.01マイクロシーベルトを大きく下回っていることを確認しました。

ーーーーーーー

EX-SKF-JPさんも指摘していますが、鉛の箱に入れて測定?
という点が、ど〜しても引っかかっていました。

ある方のツイートだと
被災地からの瓦礫到着。トラック、コンテナ周辺はすでに35マイクロシーベルト以上。
場所はJR東京貨物ターミナルです。』
と、いう話も出てきているそうです。

これが本当だとしたら、、と。

詳細は、EX-SKF-JPさんのブログで是非チェックしてみて下さい。

広告を非表示にする