opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

宮城県一関市で亡くなった中学生の話

漢方談話さんから教えて頂きました。

いつも、有り難うございます。



宮城県一関市で亡くなった中学生の話です。。。

一関市の塾の先生が書いているブログからです。

『10マイクロシーベルトを超える中学で生徒が亡くなった』
10月27日

今日のこの記事を公開するかどうか丸二日僕は悩んだ。
多くの保護者の方や生徒から事実を伺った。

僕に話して頂いた方々の気持ちは十分分かっている。
しかしあまりのも衝撃的な事実に僕の筆は止まったままだった。

亡くなられたご両親のお気持ちを考えると、心痛極まりなく、
おいそれと記事にできるようなことではなかった。

しかし事実だけは書かなければならないと、ここにしたためる事にする。
全て固有名詞は伏せさせて頂く。

市内の某中学校の3年生が、先週校舎内で倒れ、意識が無いまま病院に搬送され亡くなった。
クモ膜下出血による死亡だった。

その中学校は中庭が10マイクロシーベルトを超える高濃度汚染ポイントがあった。
亡くなった生徒は運動部に所属しており、活動場所もその中庭での運動が多くあったという。

学校ではその高濃度の線量が新聞で報道されるまで、
いっさい生徒たちや保護者らには伝えられていなかった。

ここまでが客観的な事実である。
僕はこれ以上のコメントも詮索も控えさせて頂く。

生徒によるとそこの中学校の先生方も、僕のこのブログを読んでいるとのことだった。
教室によっては空間線量が0.5マイクロシーベルトを超えているという。

僕は動揺を通り越して、この話を聞いたあと、塾からの帰り道、車内で泣いてしまった。

悔し涙である。
ーーーーーーー

沢山の書き込みが全国からよさられていますので、元のブログを是非見て下さい。

広告を非表示にする