opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

世田谷区で170マイクロシーベルト!

また、世田谷ですね。。。

しかも、170とは、、強烈です。。メモしておきます。

ちなみに、10月12日の世田谷区で問題になった放射線量は、2.7マイクロシーベルトです。。。

今回の放射線量は、その時の約63倍です。


(高い放射線量が検出されたスーパーマーケット脇の歩道=31日午前、東京都世田谷区八幡山)

『1日から掘削、種類特定へ 世田谷区内の高放射線量問題』
sankei biz 2011.10.31 22:03

東京都世田谷区八幡山の※スーパー敷地周辺から、最大で毎時170マイクロシーベルト
高い放射線量が検出された問題で、世田谷区などは31日、早ければ、1日から地面を掘削し、
1〜2週間かけて地中の放射性物質を取り除く除染を行うことを決めた。

高い放射線量が計測されたスーパーでは31日、店舗の担当者や土地の所有者、
世田谷区の職員らが対応を協議。放射性物質の飛散防止のためビニールの覆いを設置し、
1日から掘削作業と放射性物質の核種の特定を行うことにした。

区の担当者は「スーパーの食品への放射性物質の付着の心配はない。

周辺地域から高い放射線量は計測されておらず、限定的なもの」と話した。

一方、土地所有者の男性は「報道を見て(問題を)知った。詳しい状況が分かり次第、
お知らせするようにしたい」と困惑気味に話した。

この問題をめぐっては、区民から「高い線量が検出された」と区に情報提供があり、
文部科学省の調査でスーパーの敷地境界の地表面で最大で毎時170マイクロシーベルト
高い放射線量が計測された。

福島第1原発の事故とは、関係がないとみられる。

※<補足>東京都世田谷区八幡山1丁目のスーパー「パワーラークス世田谷店」の敷地内外2カ所です。

ケタ違いの数値が出てしまいましたね。。。

ある方は、近くの清掃工場との関係を指摘していました。

『この世田谷の110μSVのウルトラホットスポットは環八沿い、
世田谷の千歳清掃工場の数百メートル近辺ではないかという情報があります。
地下の下水などの配管系というのチェックは必要と思います。もちろん雨水管なども。
戦前の放射性物質が埋まっている可能性もありますが。』

東京都内の清掃工場の件は、色々話題になってきています。

また他力ですが、
東京都23区の清掃工場、飛灰の放射能濃度が一部で上昇。首都圏も汚染ごみ滞留 保管限界、焼却中止も
〜ガレキの問題も気になりますが、首都圏はゴミ処理施設の焼却灰などの汚染も深刻です。
例えば東京都23区の焼却施設のほとんどで飛灰の放射能濃度が横ばいか上昇しています。
飛灰とはろ過式集じん器などで捕集した排ガスに含まれているダスト(ばいじん)のことです〜

汚染は、止まる事を知りません。どんどん拡大して行きます。。。

さて、今回の汚染の真相は?


都内などで出ると、油断しまくっている方々を見かけたり、そんな会話が聞こえてきます。
残念ですが、仕方が無いのかなと。

毎日、この手の情報を追い続けていると、普通の神経の持ち主なら病みます。

しんどい事ですし。

中途半端な気持ちでは出来ないです。

そんな中、継続させている数々のサイトやブログの管理人さん達、そしてジャーナリストの方々。
心から尊敬致します。


私も、『まだ、そんな事をやっているの?』と言われても継続させます。


時々、どうでもよいネタにも触れますが、今年も残り二ヶ月。

今後とも、お付き合い下さい。

広告を非表示にする