opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

福井大飯原発 再稼働容認へ

今日も、夏日です。

夏日って、、、もう10月下旬だというのに、、と思ってしまいます。
過去最高に暑い10月となるそうです。

さて、福井の大飯(おおい)原発周辺で動きがありましたので、メモしておきます。


(大飯原発写真〜ある方のブログから)

大飯原発、再稼働容認へ 3、4号機で町長表明』
産経新聞 10月25日(火)7時55分配信

福井県おおい町の時岡忍町長は24日までに、定期検査で停止中の
関西電力大飯(おおい)原発3、4号機の再稼働について、
「関西のエネルギー事情を考えるとやむを得ない」と述べ、容認する考えを表明した。

産経新聞の取材に答えた。

再稼働は、実施中のストレステスト(耐性検査)で安全性が確認されれば、
野田佳彦首相らが政治判断をするとしているが、最終的には、地元自治体の同意が必要。

テスト後の再稼働について、立地自治体の首長が容認方針を明確にするのは初めて。

時岡町長は「大飯3、4号機は原子炉が(平成3、5年の稼働で)比較的新しい」と述べ、
安全対策を条件に容認する考えを示した。町としての最終判断は議会で協議した後に出すとした。

ただ、運転開始から30年を超えている大飯1、2号機については、
「住民の理解を得ることは難しく、再稼働は絶対に反対」とした。

これに対し、福井県の西川一誠知事は、福島原発事故を踏まえた安全基準の策定を
国に求めており、「県の要請に応えなければ、再稼働はできない」として、
ストレステストに合格しても再稼働を認めない考えを示している。

広告を非表示にする