opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

被ばく量と白血病


(2011年07月26日 ネットニュースから 「白血病と診断された後にもかかわらず被ばく可能性のある作業に
従事可能な「Y」(イエス)の印が押され、その後「N」(ノー)に訂正された嶋橋伸之さんの放射線管理手帳池田知広撮影」


『<原発作業員>被ばくでがん 労災10人』
毎日新聞 7月26日(火)2時31分配信

◇9人は100ミリシーベルト以下

東京電力福島第1原発事故で収束作業にあたる作業員が緊急時の上限250ミリシーベルト
超えて被ばくするケースが相次いだが、過去にがんを発症して労災認定された原発作業員10人の
うち9人は累積被ばく線量が100ミリシーベルト以下だった。遺族からは福島第1原発の作業員を
案じる声が上がる。 

厚生労働省によると、10人は作業中に浴びた放射線を原因として労災認定された。
内訳は白血病6人、多発性骨髄腫2人、悪性リンパ腫2人。累積被ばく線量が最も高かった人は
129.8ミリシーベルト、残り9人は100ミリシーベルト以下で、最も少ない人は約5ミリシーベルトだった。

◇50ミリの息子白血病死 母の怒り

中部電力浜岡原発の作業員だった嶋橋伸之さんは91年に白血病で亡くなった。29歳だった。
神奈川県横須賀市に住む母美智子さん(74)は、体重80キロだった嶋橋さんが50キロにやせ衰え、
歯茎からの出血に苦しんでいた姿が忘れられない。

嶋橋さんは下請け会社で原子炉内計測器の保守点検をしており、累積被ばく線量は8年10カ月間で
50.63ミリシーベルトだった。


ーーーーーーー

収束の為に、上限を250ミリシーベルトまで引き上げ、その中で命をかけて作業にあたって
頂いた作業員の方には、本当に感謝しております。色々な事情があるにしても切ない程ですが、
本当に有り難うございました。ただ、この記事を読む限り、低い線量でも人体への影響は計り知れない
と推測出来ます。様々な事が分かるのは、数年後、数十年後だと思います。

とにかく、今まで作業にあたってくれた方々、全ての人に心から「有り難うございました」と伝えたいです。
そして、今現在も、これからも、まだまだ沢山の方が作業にあたられると思います。

考えるだけで、身震いしてきます。

原子力ムラの方が、是非自分たちも作業に参加されたらいかがでしょうか?
机に座っているだけじゃなく。考えると、腹が立って仕方が無いです。


以前、INOMATA氏から『原発労働記/堀江 邦夫(著)』のリポートが届いていますので、
今日中に紹介致します。

広告を非表示にする