opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

小さくても穴から漏れます

また、嫌な穴の記事です。。。メモしておきます。

敦賀原発2号、燃料棒に微少な穴 放射能漏れ原因、定検を前倒し』
福井新聞 (2011年7月25日午後6時15分)

日本原電から25日、県に入った連絡によると、核燃料から放射性物質が漏れている
疑いで5月に原子炉を停止した敦賀原発2号機(加圧水型軽水炉、出力116万キロワット)で
燃料集合体全193体を調べた結果、1体から漏れが確認された。表面に傷などは確認されず、
燃料棒に偶発的に開いた微小な穴(ピンホール)が原因と推定した。

原電は定期検査を前倒しして8月下旬から行うと決めた。

原子力安全対策課によると、燃料集合体を使用済み燃料プールに移して検査した結果、
2006年8月に初装荷した1体から漏れを確認。0・025ミリまで精度のある
ファイバースコープで外観を観察しても表面に傷や異物は認められず、
ピンホールからの漏えいと推定した。この燃料集合体は再使用しない。

同じ型の燃料棒はこれまで全国で245万本使用され、今回の敦賀2号機を含め5本の
燃料棒でピンホールが発生している。

敦賀2号機は本年度の運転計画で9月上旬の定検入りを予定していたが、
起動に1カ月程度かかる上、福島第1原発事故により再稼働できる環境にないことから、
8月下旬に前倒しすることにした。期間は調整運転を含め4カ月半の予定。
ーーーーーーー

同じ型の燃料棒が245万本ですか、、、漏れまくっているのでしょうね。。。

手抜きというか、頭が悪いというか、ずさんというか、なんなんでしょうか?

広告を非表示にする