opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

40億円の行方

先日の夏祭りの様子を見て、改めて子供達の事を色々考えていました。

以前にも伝えました「震災孤児」に関しても日々頭から離れない問題です。

そこで、こんな記事を見つけましたのでメモしておきます。
あの社長の、あのお金の行方が少し分かります。

『震災遺児ら支援、NPO助成…孫社長らが財団』
(2011年7月25日20時16分  読売新聞)

ソフトバンク孫正義社長が寄付した40億円を基金に設立された公益財団法人
東日本大震災復興支援財団」が25日、東京都内で事業説明会を開いた。

震災遺児・孤児らへの支援に加え、被災地で活動する非営利組織(NPO)などに
対しても10年以上の長期的な助成を行う方針だ。

財団は今夏から、18歳までの孤児を対象に、契約している通信会社にかかわらず
携帯電話料金を全額負担する方向だ。被災地の子供たちを支援するNPOなどにも
資金を助成するという。

孫社長は説明会で、「誤解や批判があっても、名乗りを上げることで支援の輪が広がる方が望ましい」と
述べ、自らが前面に立って被災者支援に注力している理由を説明した。
ーーーーーーー

ちなみに、6月末の記事では、
東日本大震災で両親を失った18歳未満の震災孤児は岩手、宮城、福島の3県で200人
超えている。阪神・淡路大震災の約3倍にもあたる深刻な数だ。両親のどちらかを亡くした子供も
含めると孤児、遺児は1300人以上ともいわれる
。将来の進学などを含め、長期の支援策を講じねばならない。」


と、出ています。

様々な問題は、まだまだまだ山積みですが、孤児の問題も重要だと考えています。

震災直後に義援金などの収集に参加した多くの方々、最近は、どうですか?
継続して行動されていますか?義援金被災地に行き届かない事を知り、がっかりされていますか?

まだまだ方法は沢山ありますので、自分で検索し動いて下さい。

このブログでも紹介し続けますので、もし宜しければ長い目でお付き合い下さい。
宜しくお願い致します。

※5月31日に震災孤児に関して書かせて頂きました、『1101人の子供達』。
何度読み返しても、涙があふれます。

広告を非表示にする