opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

仙台リポート2

先日予告をしました、INOMATA氏による「仙台リポート2」を更新させて頂きます。

震災から約3ヶ月半が経過した塩竈市(しおがまし)と仙台市です。

炎天下の中、彼が実際に歩いて撮ってきてくれた写真とリポートをお届け致します。

※尚、写真をクリックすると、いつもより大きいサイズで見れますので是非!
但し「opuesto/nue's fotolife」上では、写真の順番が何故か無茶苦茶になってしまっています。予めご了承下さい。

※<追加> 文章の一部を追加させて頂きました。(06時45分)

ーーーーーーー

仙台は暑かったです。

今回は短い滞在時間の中、何箇所か予定していましたが、夏の日差しに完敗、
沢山の距離を歩くことが出来ませんでした。先に言い訳しておきます。

(2011年06月30日 塩竈市新浜町〜Photo by INOMATA)


(2011年06月30日 塩竈市新浜町〜Photo by INOMATA)


(2011年06月30日 塩竈市新浜町〜Photo by INOMATA)


(2011年06月30日 塩竈市新浜町〜Photo by INOMATA)

さて、写真は二ヶ所で撮ってきたものです。仙台港付近から、前回も行った
仙台市宮城野区蒲生の七北田川河口付近。もう一つは、塩竈市塩竈漁港です。

初日は、塩竈港付近を探索です。平日の昼の港は閑散としていて、人気がまったくなく。
ほとんど復旧していますが、一部ヒビ割れた道路やコンクリート、頻繁に鉄くずを移動する
船などが津波を想起させるぐらいで、もう日常に戻っているように感じました。


(2011年06月30日 実家の庭〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市仙台塩釜港周辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市仙台塩釜港周辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市仙台塩釜港周辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市仙台塩釜港周辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市仙台塩釜港周辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市塩釜港蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市塩釜港蒲生近辺〜Photo by INOMATA)

翌日は、仙台港近辺を。

仙台港付近は、三井アウトレットパークキリンビール工場、宮城がつくった展示場
夢メッセみやぎ」などがあり、それらを横目で見ながら歩きました。

恐らくは、沢山の国旗を掲げるためであろうポールは曲がっていて、アウトレットパークへ
向かう家族連れを運ぶ歩道は砂が舞っていて、色々なイベントを催していた展示場は割れた
ガラスをベニヤ板で塞いでいたり。

がしかし、車は頻繁に通り、路駐するトラックの中で昼寝をするドライバーなどいかにも港らしい
日常の光景も広がっています。

google先生に聞けば、画像で確認できますが、三ヶ月前は至る所に車が転がっていたのですが、
流石に仙台市の復旧スピードは速いです。

ただ、写真ではわかりませんが、例のヘドロの匂いが、周辺の芝生や林からずーっとします。

昔ながらのドブの匂いというか。土と混ざってしまって、簡単にはかきだせなくなっているのでしょうか。


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)

七北田川河口ですが、瓦礫やゴミの山はすっかり片付けられていて、公園にうず高く積み上げられて
いるようなことはありませんでした。ただ、一部通行止め区間があったり、通行に差し障りの無い範囲で、
破損箇所が目立ちました。

河口に近づけば近づくほど、生き物が出す音がすごく。元々、蒲生干潟が近くにあり、貴重な生き物が
いたらしいですが、完全に破壊された干潟の影響なのか、周辺の巨大な水たまり群に、新しく生態系が
生まれ始めているようです。学者じゃないので、確信を持って言えることはないですが、様々な鳥、謎の魚、
虫の気配は濃香です。結構でかい鳥が、草陰からばさばさと飛んだりして、どきっとします。


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)


(2011年07月01日 仙台市宮城野区蒲生近辺〜Photo by INOMATA)

といったような二日間でした。前回4月頭に比べて、復旧している電車も増え、移動も大分楽でしたが、
遮蔽物のまったくない港や河口付近の体感温度がものすごく、腕と顔がタップリと焼けた次第です。

特に目新しい情報はないと思いますが、参考までに。

ーーーーーーー

いかがでしたでしょうか?

ほとんど、メディアでは取り上げられない場所の1つだと思いますが、
こうした所が、まだまだ無数に存在しています。

INOMATA氏が補足で送ってくれましたが、七北田川河口付近には、
流されずに残っている家が多く存在しているにも関わらず、人気が一切なかったそうです。


写真は全部で130枚近くあり、選別をしてみたのですが、残しておきたい物が多く
この枚数になってしまいました。最後まで見て読んで頂き、ありがとうございます。


補足として、現在の仙台市の状況が分かるサイトをご紹介致します。

仙台市のホームページ
仙台市社会福祉協議会
仙台市市民活動サポートセンター
※現在、市民活動団体、NPONGO等が行う復興支援活動のサポートを拠点として運営しています。

仙台空港
JR東日本旅客鉄道株式会社
東北電力原子力情報)
東通原子力発電所女川原子力発電所の情報を確認出来ます。

前回の「仙台リポート」は、こちらでチェック出来ます。


改めてですが、INOMATA氏のツイッターアカウントは下記の通りです。
http://twitter.com/#!/soundhacklost

多種多様な情報を確実に獲る事が出来ますので、是非チェックして下さい!

広告を非表示にする