opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

福井原発の現状

福井県、高浜、大飯原発関連の記事を2つメモしておきます。

『高浜4号MOX燃料装荷「困難」 野瀬町長、国のメッセージ必要』
福井新聞 (2011年7月12日午後8時01分)

福井県の野瀬豊高浜町長は12日、関西電力高浜原発4号機で予定されている
プルサーマルについて、福島第1原発事故後の国の原子力政策の方向性が
明確に示されていない現状ではプルトニウムウラン混合酸化物(MOX)燃料の
装荷は難しいとの考えを明らかにした。

高浜原発では今年1月、3号機でMOX燃料を使うプルサーマルの営業運転が
県内で初めて始まった。4号機で計画されているプルサーマルをめぐっては、
7月下旬に開始見込みの定期検査でMOX燃料を装荷する予定になっていた。

福井新聞社の取材に対して野瀬町長は「現段階では(原子力政策を)国が
国策として進めていくのかどうか、国のメッセージがはっきりしていない。
MOX燃料の装荷について今は町として判断できる状態にない」との見方を示した。
また、菅直人首相が、核燃料サイクルの見直しに言及していることからも
「現状としてはMOX燃料を装荷する理由が見いだしにくい」とした。

一方で「国策として進めるというメッセージがはっきりすれば、町として協力していく
考えはある」と述べた。関電は「技術的に問題があるとは思っていないが、地元高浜町と
県の理解がないとできない」(豊松秀己副社長)との立場で、同社の原子力事業本部は
「地元の理解を得ながら対応していきたい」としている。
ーーーーーーー

『定期検査中の2原発、営業運転再開の方針』
日本テレビ系(NNN) 7月13日(水)12時50分配信

定期検査で調整運転を続けている福井・おおい町大飯原子力発電所1号機と
北海道・泊村泊原発3号機について、「関西電力」と「北海道電力」は、営業運転の
再開に必要な最終検査の手続きに入る方針を固めた。

関西電力大飯原発1号機は、去年12月から定期検査に入り、3月13日から
調整運転を開始、現在は118万キロワットを発電している。調整運転は、
本来約1か月で終了するが、大飯1号機ではすでに4か月に及び、
経産省原子力安全・保安院が早期に最終検査を受けるよう指示していた。
これを受け、関西電力は検査の申請を行う方針を固め、終わり次第、通常の営業運転に入る。

一方、北海道電力も調整運転中の泊原発3号機について運転再開に向けた最終検査を
保安院に申請することを決めた。泊原発3号機は1月から定期検査に入り、3月から
調整運転を続けていて、福島第一原発の事故を受けて最終検査の申請を見送ってきた。
今後は、北海道や地元自治体が運転再開を容認するかどうかが焦点となる。
ーーーーーーー

そんな中、夕方から予定されている、総理の記者会見に注目が集まっています。

しかし、今日も、なかなかの暑さです。。。去年知り合いにプレゼントしてもらった
水に濡らすと冷たくなる物を首に巻きつつ、上半身裸で扇風機のみで作業していますが
そろそろPCが危険なので、ちょっと休憩します。

さてさて。。。

広告を非表示にする